« Vivienne★さんたらトーキョーふれんどーパーク。 | トップページ | 東京バカロック、せっかくピックアップしてくれた箱と対立して早くも二ヵ月休業を決める。 »

2007年6月 7日 (木)

賭け。

Dscf4060

電話番の仕事の昼休みにお昼ご飯を食べに行ったのですが、その食事のあとどうやら胃を動かしたことが原因の疲労がおこり、デスクで座り込んだままぐったりしてしまいました。これではいかん!と今月三本目のリポDを口に含みなんとか持ち直していますが、食事で胃を動かしたことが原因の疲労なんてこんなの初めてです。

このまま鑑定やらイベントやらお仕事をこなしてその後間髪入れずにLAに飛びたつので、イベントなどはキャンセルすべきなのかもしれませんがいやいや、このタイミングを逃してしまうと再会出来ない人な気がしてそこまで踏み切れません。ここまで私事で忙しくしているのは考えてみれば20歳の春以来、でもこの時の多忙の終焉はポエトリー会場での名付け親との喧嘩とその一件によるショック、そしてナイスタイミングでくっついた元彼くんとの恋愛によってやってきたのに比べ、今回はその兆しが見えない点でプラスに上回っているな、という感じがします。

身体は常に綱渡りの気分ではありますが、精神的にはいいこともあって、これまでずっとどっかに気にかかっていた20余名の身を切るように離れた人たちのことを忘れかけているんです。ちょうどタイムリーにイラストレーターの真珠子さんがMixiの日記で「私は怨念をパワーに替えるタイプ」と書いていましたが、まさに私もそのタイプであって傷んだ心を未来につけるオトシマエで乗り越えようと走っていたんですわ。でも、そんなものにいちいち引っかかっていたらスピードが落ちるというかもう前に進めません。たとえるなら逐一Tシャツが釘とか木塀のささくれにひっかっているのをとるのがもどかしくなってる感じ。誰かが「恨み言をいうのは暇な証拠」と言っていたのは本当かも。聞いた当時は「なにを!!」と思ったけれど。

今年のサマソニは絶対行くぞと思っていたのですがもう東京は券が売り切れなんですね。狙っているのは二日通し券だったんですが、実はこの日、毎年父が実家に帰省する日とうまい具合に重なっているんです。で、賭けをしてみることにしました。

かつての霊媒仲間であったタイガーリリーが私と離れる直前にいくつか予言をしたんです。で、その中に私がノンストップで有名人に駆け上がる前にあなたは父方と母方のお墓参りをするというのがあったんです。でも一方で私は自分でもがいて作ってきたもう一つの未来のラインとしてその延長上にロックフェスであるサマソニを見たんですね。正直、言語化できるほど明確で詳細な未来を私はみてはいないのですが、それでも時々このルートをいけばこういう未来が来るよっていう近未来のルートを映像や言葉で瞬間的に見ることがあるんです。どっちのビジョンを越えるのかは多分決まっていないはず。でも私に分かるのは、サマソニにいけたあとでやってくる未来は霊媒がたやすく予言したり見ることが不可能だった未知の未来であり、それは墓参りのあとで起こるミラクルを軽く越えてくる、という確信が凄くしてるんです。

だから今私は本気で信じてます。たぶん思わぬところから券が降ってくるんじゃないかって。そして本当にそうなった時、私は憎しみでもいいから私を想って忘れないでほしいと未だに願っているという彼女をはじめ、罵倒して離れておいて何かにつけてこっそりブログを読んだりしてるという全ての人を意識するのをやめて感情を手放そうと思っています。そしてたった一人のVivienne★こと近藤彩の生活と心の平穏を保ってクリーンにするために大事な時間と日々をより一層かけていきたいなと。本気で友情や関係を回復したい人は直接会いに来るはずだし、時期がそんな未来を運んでくると思うからね。自作自演で許しや和解を無理して演じないことは経験の知恵だと思うからさ。

写真は原美術館のレストラン。
パスタと一緒にとったときより何故か反応がよく見えるパン助。

|

« Vivienne★さんたらトーキョーふれんどーパーク。 | トップページ | 東京バカロック、せっかくピックアップしてくれた箱と対立して早くも二ヵ月休業を決める。 »

コメント

どんだけ食ったんだと・・・

投稿: ねおん | 2007年6月 8日 (金) 13時56分

ねおん>サンクス初カキコ!でも普通にうどん一杯だったんだよ...。

投稿: Vivienne★ | 2007年6月 8日 (金) 14時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Vivienne★さんたらトーキョーふれんどーパーク。 | トップページ | 東京バカロック、せっかくピックアップしてくれた箱と対立して早くも二ヵ月休業を決める。 »