« センサイ、ゼンサイ、オ-バンザイ。 | トップページ | ピタゴラスエロなVivienne★さんは今日もつぶやく訳で。 »

2007年4月29日 (日)

上野にて受胎告知を巡って起きたキチガイじみた事件。

Davinci_annunciazione_u00

今日は東京大雨でしたね。さながら天地創造?みたいな。でっかいテーマですが、でっかいテーマといえばこの前ダヴィンチの受胎告知を観に行きました。弟がね、姉ちゃん、タダ券の有効期限が切れるんだけどって電話までしていってくるので、しぶしぶ出かけたんです。公園までの道すがら、霊媒先生に「色情霊の駆除には野菜オ○ニー」を勧められた後で最後に、「改装終了した国立科学博物館にいくと何か発見するかも」というお告げを戴いてたんですね。だから、そっかせっかくだから前通ってみるかと思い、緑うっそうとする木立をくぐりました。

 その道すがら、肩越しにもう一人の自分が重低音で語りかけてくるというイレギュラーな事態が起こりました。「俺、けっこういろんなこと曖昧なままあんまり決めずに生まれてきたんだけどさ、このポイントだけは押さえたんだよな。」と、その声はなんとも渋く吾が心臓を震わせました。で、もう一人の今の自分が「うん、たぶん、前通るだけでわかるんだ」と勘で呟き、なんだかドキドキしながら歩いていきました。はたしてそれはありました。私の記憶を絶妙につく形で。正面玄関のカタチがかつて自分が観た満州庁舎の記憶に似てたんです。僕ね、10歳の夏に最初に自分の前世の記憶を掘り起こしたんです。それは私にとって見えない世界と最初に接点をもった季節でした。若い将校の自分が黒い制服で庁舎の階段をおり、途中で振り返るという記憶。せっかくなんで再現することにしました。

 階段を上り、開かないガラス戸を覗き込み、それからゆっくりと前を向いて階段を下りて建物を振りかえりました。「これで、前に向き直ったときに何かが起こるはず…」そんな予感に胸を震わせ前を向いたその時…..目の前に広がったのは夕闇迫った公園の黒い木々だけでした。「あんだよ!!」思いっきり毒づいた僕。何だよ、何にもおこンネエよ、ちょっとキチガイやっちゃったじゃねえか、そうだよな、世の中こんなもんよ、力の無い馬鹿が権力に守られて有名になりやがって精神も作品も鍛えようと七転八倒してる俺は一生うだつがあがらねえ間違った世の中なんだよ。その時でした、左の耳に諭すようなまた重低音が響きました「だからでしょ?」耳をふさぎたいのに塞ぐことができない。「だからわざわざ生まれてきたんじゃないの、おかしいと思ったから治しにきたんでしょ?アンタが一旗あげようとして、ついでに同じように頑張る人間見つけて状況をひっくり返すために霊能力までつけちゃったんでしょーが?」ひあっ!と思わず小さな悲鳴を上げて僕は階段でよろけてしまいました。その足で観た受胎告知はやけに意味深で、今日は俺の受胎告知だな、なんて自分は渋く考えていました。なんというか、過去の自分、もしくは未来の自分が設定したタイマーを踏みつけた気分、もしくは単純に絶妙に自分が本音を露呈させるタイミングをそろえたとも言える不思議な体験でした。

 自分は、シナリオを組み立てて生まれたのかな?そんなことを考えたある日、版画を彫っていた自分の内心を一個の言葉が貫きました。「ただ、決めただけでしょう?人生で何が見えても、どんなことが起こっても近藤彩という人間の実感と人生に必ず帰ってくるって。」鬼と会ったら鬼を殺し、仏と会ったら仏を殺す、確か武士道のなんかの言葉です。

好きかはわからない、でもこの言葉は僕の人生の何たるかを示してる。殺すとは否定するのではなく鬼や仏に喩えられたものの本質を自分なりに捉えるということです。皆鬼を殺すのに躍起になるけど、仏には服従します。何故か?それは神聖なる存在に己の弱さの隠れ蓑としての役割を求めるからです。僕はそう思います。僕は約一年半引きこもりを余儀なくされましたがそこんとこは譲れませんでした。そしてたくさんの人が通過していきました。こんどうあやは名前表記を近藤彩に直し、作家名がVivienne★Kickとなった今、

過去の私を好きだった人が私を検索して追跡するのは困難です。現にこんどうあやコミュの人数が減少の一途であることも毎日観察しています。いっとき55人を記録した飲み会も5-6人の集客がやっとという状況で、自分がいっときの勢いを失ったのを身にしみて感じています。でも仕切りなおしてそれでも日々更新していく正直な自分で立ち向かわなければならない。「大丈夫、彩さんは成功する」なんてお気楽なことを言わないでくださいね、血を吐くような精神とギリギリの戦いをしていないのなら尚更。エスカレーター式の私立高校に通いながら、そのベルトコンベアーみたいに確約された未来が嫌で親泣かせのアーティストという存在になったんです。

霊能力の混乱を自分なりに手なずけた今、皮肉にも自分に近い存在の人はシックスセンスユーザーの私よりも、素の近藤彩が好きな人が残りました。私がつながれて嬉しいと思ったミュージシャンも、私の下手さ云々ではない文脈で私を見ていることがわかってライブパフォーマンスも変わりました。私は只、近藤彩という人間がリアルに存在して、ここに立っているということをとにかく強いインパクトで示し続けることが仕事なんだと思います。そして版画においては未来で発見される価値を信じて出来るだけ長く残るようにすること。「技術は…..」なんて語る奴はクソ食らえ。お前らに向けてギターを持ってるわけじゃないからな。

長くなったついでにもう一個、最近すごく個別に会いたいというお誘いを受けるけど、ごめんなさい、みんなの会いたいに応えられないんです。僕は自分の生活と、作家としての人生、そして少しでも多くお金を得てそれを社会に還元してみんなと同じように生きていくことに集中するのに手一杯なんです。そんなに会いたいといってくれるなら、ライブに、展示に、飲み会に、足を運んでくださいな。あなたがライブの1500円を払ってまで会いたいと思えないなら、あなたの私にあいたいは所詮幻想で気の迷いだと思うよ。多分これが基準ね、あなたが僕の言葉とか表現をこえて僕そのものにあう価値を信じているのかいないのかの。長くなった、ごめん、今日は一段とマニアックな人向けになったな。でもいいか、本音なんて多くの人に向かって叫ぶものじゃないしな。

|

« センサイ、ゼンサイ、オ-バンザイ。 | トップページ | ピタゴラスエロなVivienne★さんは今日もつぶやく訳で。 »

コメント

おいおい、あやまることはないぞい。
そんなVivienneだからこそ、Vivienneの歌が魂に響いてくるんだと思ってます湾♡
ホント、ギターなくても全然OKっていっつも思う。
・・・って、あれ?歌の話になっちゃってるね~(苦笑)
でも、いつも思ってるけど、やっぱアーティストだわって思った。
色んな意味で表現者。
そんなVivienneをますます応援したくなったがな♪

投稿: sura | 2007年4月30日 (月) 00時20分

スラさま>日常から突拍子もないドラマに叩き込まれるのは得意技ですから。またこれから作業ですよ。しかあし、眠い。

投稿: Vivienne★ | 2007年4月30日 (月) 00時53分

ドラマだよ~!!!
そしてVivienneはさらに人生に深みを増していく・・・
・・・大変だけど、素敵♡
20代で落ち着くわけにもいかないから、やっぱり疾走しまくるかな
いやいや、そしてさらに深みを増すのさ
作業、大変だろうけど、君の作品を待ってる人たちの為に、
そして次のチャンスの為に頑張って~!
またステッカー欲しいかも♡

投稿: sura | 2007年4月30日 (月) 01時23分

sura>あざーす☆

投稿: Vivienne★ | 2007年4月30日 (月) 11時01分

この記事へのコメントは終了しました。

« センサイ、ゼンサイ、オ-バンザイ。 | トップページ | ピタゴラスエロなVivienne★さんは今日もつぶやく訳で。 »