« 僕のポエトリー聞いたことないでしょ?音源あげたから聴いてみてよ。 | トップページ | お隣さんたら夜中に吼えた。 »

2007年4月19日 (木)

いい加減にしてちょうDIE!!

Dscf3588

昨日はライブだったんですが、もう精神的にじつはギリ入ってまして、調子が出ない。だってリハの段階で5弦切れるのよ?だけど調子が出ませんモードでライブするのは武士の恥…てなわけで冒頭から、「今日は調子でないの、だから作ったばっかの曲やるけど、弾けないBコードの練習曲だから!!あの、とりあえず本人が弾きたいのはBで、手が追いつかない部分は適当にごまかしてるっぽい感じですからよろしく」とか宣言して始めました。したら調子が戻ったのであとは本編。どうなの、僕、どうなのよ?最近はすごく「やざくれ」というコメントをいただくVivienneさんは花の乙女28歳独身です。

昨晩のイベント、真夜中のクラクションはBLACK VELVET LUCYってバンドさんの運動量がすごくてかっこよかったのよ。なんていうか黒光りの希望をみたのね、浅草の夜に。したらベースの子が話しかけてくれて嬉しい気分に。気にいったバンドさんに話しかけてもらえるのって嬉しいよね。あと、KURAWOODで楽しいのはブッキングマネージャーのマーシと話すことで、彼と音楽とかクリエイターとしての試行錯誤を語るのがすごく楽しい。勢いで彼と共同企画のイベントを10/23(火)にやると決めてしまいました。でもって次は5月10日。来てね来てね。

私が昨日ズドンと落ちたのはほかならぬ鑑定も影響してて、落ち込んだ案件に対して私がお世話になってる霊媒先生に電話で意見を聞いたんだけど、その案件が起こったのは「私が日々頑張ったことで御上がちょっと早いけどさらに上の段階に進ませるために試練を下した、もしくは、あなたと同じレベルのお役目の人間が脱落して少なくなったのでちょっとはやいけど鍛えることにした。」っつー解説をもらったのね。でもってついでに質問した「下の病気が治りませんが、これって霊のさわりですか?」ってのの答えが「タンポンサイズにカットした野菜でオナれ」というのにさらにへこんだ。

 なんだろう、精神をギリまで追い詰めて、自分の感情がわかんなくなって、カッター首に当てて、右にも左にも引けないのを確認して「まだ生きていたいのね、私」とかっていいながら押し当てた赤いあとを鏡で確認するという行程の連続にいささか疲労してきてるんだわ。私のアートとか存在はそこまで精神で血を吐き続けることを求められてんの?っていう疑問を呈してる。でも追い込まれれば追い込まれるほどその後に曲が出来るこのプロセスはもう業としか思えないわけでもあって。俺はどこまで耐えられるんだというのが最近の自分に対する最大の関心ごとになった。

 Aさんとはおそらくアとイを学ぶための出会いだったとかの意味づけもいらないのよ。
ものすごく行間あけて書かれるメールも日記も苛立つの。精神安定に選ぶのは、気功でも正しい食事でもレメディでもなくて、セックス&シガー&アルコールでいいことにしたの。全てが決められたシナリオだとかいう思想より、あなたの道は長く険しいというニヒルでハードボイルドな物語を背負うよりも未来は自分の手で作り変えつむぎ出すんだという希望を強く愛しているの。決まりごとという感覚の根源は何か、そのプロセス全部ぶち超えて未来を作るにはどうするのか?このシックスセンスの感覚を普通の感情でシンプルにいうにはどうしたらいい?これは量子力学のプロセスで話せないかな?とかそういうバイリンガルな努力を続けてる。私は見えるという能力を保持したまま強く強く人として生きたいと願ってる。たとえ感情が脳が引き起こす幻想だとしてもその価値を信じるように、御上たちの声を愛しながら、見えないものをみながら。霊的な諸作に獣性を奪われてたまるかという戦いの向こうに私は確かに希望をみてる。もういい加減にしてチョーDIE!!Fuckin'スピリチュアリズム。俺は絶対に負けない。

写真は初代が見つかって二体になったパンハチ。どっちかお嫁にいくのかしらね。


|

« 僕のポエトリー聞いたことないでしょ?音源あげたから聴いてみてよ。 | トップページ | お隣さんたら夜中に吼えた。 »