« father、further。 | トップページ | 好きな男一人守り通せない俺はロッカー失格だ。 »

2007年3月10日 (土)

次のKURAWOODでドロップを唄おう。

Water_lilies
と、朝っぱらからめちゃくちゃにギターを弾きながら思いました。
こんな日が来るとは思わなかったんですけど
パワーコード弾きに飽きました。

だもんでA・D・B・C・Eというコードに変換できる曲を弾いてます。
他のコードはなんつーか、本をみても指の絵がオームの来襲
みたいにみえて気持ちが悪くて覚えられません。

こんなに荒れているのは朝っぱらからまたマイミク切ったりしてるからです。
なんだっけか、もうこれで19回目か?
いい加減ズーンという疲労が身体にかかってくる。

怒りとやりきれなさと罪の意識と。

自分がなんらかのかかわりをもった人の感情がおかしくなったり
暴走したりするのにどう責任をおっていいものやら分からない私は
悩むことすら疲れつつあります。

俺がこの世界にいること自体がやはり悪かもしれんと
ナインインチネールズのDVDを見ながら部屋でたった一人つぶやく私は

じゃあ、今死ねるか?
とナタをあてたところでその刃を右にも左にも動かせん。

どうしたら満足だ?
どうしたら今なら良いといえるのか?
という自問自答は
ともすれば、私が自殺する権利を得るために生きているとも
いえなくもない。

ここまできたら
自分はギターウルフのビリーさんとか
ジョーストラマーみたいに逝きたいんですけど。

でもこんなことを平気でブログにのせるのは
確信があるからなんだよね。

生きるために生きるという価値観が正当化されてる世界が
いきづらいのはボクだけではないはずだ。

大事なのは生ききる事で
むやみに生をむさぼることではない
かといってご都合的に死ぬことでもない

私が言いたいのは犬死するなということ。

というと、犬にもうしわけないかな。
御上がGoサインを出すまで自分から無理するなということ。

ただ自分の価値観が最近ちょっと崩れる瞬間があって
それはパンちゃんがニコニコして遊びまわっているときであって
このガキンチョみたいな笑顔をどうやってここまでキープしてきたんだと
おもうほどニコッとするときに
不覚にも自分は女ながらにキュン......としてしまい

ああ、この世界にこいつ一人残して死にたくないな
この人より先に死にたくない
と思ってしまうのです。

怖いし苛立ってるのは、
ひょっとしたらこの感情の変化かもしれない。

と、同時に
誰かからの感情の暴発が起こったとき
自分は狂乱した相手にいつ殺されても構わないと毎日覚悟を決めているけど
これがパンちゃんに及ぶかもしれないと思うと、どうしていいかわからない。
だからしばらく一人でいると彼に告げてしまいました。

隠し事が出来ない自分がとるべき選択肢は
関係が親密になって歴史が増えないうちに離れることかもしれない。

「誰かを好きになってこんなに好きな相手なんだよー♡」
とおもいっきし話す権利さえ私にはないのだろうか?

この部屋からは空の青さがわからない。

|

« father、further。 | トップページ | 好きな男一人守り通せない俺はロッカー失格だ。 »