« Vivienne歌唱、初公開。 | トップページ | 生涯でただ一人の夫を狩りに行く旅。 »

2006年11月26日 (日)

ロクデナシのための希望行進曲。<完全版>

オレ、MAGDARA6 ヴォーカル、Vivienne。
みんな元気?

簡単におだてにノッテ完全版をUPします。

「02_.mp3」をダウンロード

うっかりこれを聴いてからライブに臨む方々は
酒の力を借りてでも
オーオオオーのところで一緒にシンガロングすること。

これを鉄の掟の侠弟仁義「キョーダイジンギ」とさせていただきます。

三時間スタジオに入って、それから昨日のライブを反省して
よくわかりました。


エレキの音しかオレは合わん。

以下、歌詞を掲載します。
11/26以降ですね、これとおんなじ唄を自分の曲として発表した奴を
見つけたら通報してください。

速攻で喧嘩売りに行きます。


「ロクデナシのための希望行進曲。」
作詞/作曲 Vivienne_Alice

何度でも あきらめない 僕たちのための唄…….

オー オーオーオー オーオー

オー オーオーオー オーオー

オー オーオーオー オーオー

オー オーオーオー オーオー

 

太陽に焼かれる昼下がり One day

ペットボトルで ソーダ水がはじけ

猫背のオレには 取り柄なんかないけど

オレの唇には 唄がある Yes!My Song!!

 

ロクデナシのまま この世に生まれてもなお

何度でも あきらめない 僕たちのための唄

 

オー オーオーオー オーオー

オー オーオーオー オーオー

オー オーオーオー オーオー

オー オーオーオー オーオー

 

西口のマクド午前三時 Sunday

ダイジョウブって君は笑うけど

あふれる涙をわびる理由はない

だって 乾いた瞳に希望は見えない No Future!!

 

聖者らしく笑うこともできないままで

それでも 生き飽きない 俺たちのための唄

 

オー オーオーオー オーオー

オー オーオーオー オーオー

オー オーオーオー オーオー

オー オーオーオー オーオー

 

 

お願い御上 唄をください

僕らが強く生きる キボウノタメノ唄を....

 

アアアアア ただ道を行く

アアアアア 鼓動を鳴らす

アアアアア 唄い続けて……..明日を見つめる

 

ロクデナシでこの世に生まれてもなお

何度でも あきらめない 僕たちのための

聖者らしく笑うことも出来ないまま

それでも生き飽きない 僕たちのための

僕らが強く生きる ....キボウノタメノ唄を

 

オー オーオーオー オーオー

オー オーオーオー オーオー

オー オーオーオー オーオー

オー オーオーオー オーオー

|

« Vivienne歌唱、初公開。 | トップページ | 生涯でただ一人の夫を狩りに行く旅。 »

コメント

今聴きましてん、やっぱり心に響くものがありますわ。
マギーの時もそうだったんだけど、それ以上に響くものがありました。
(前に聴いたのはすっかり私の中では「マギー」で定着しとります)
まったくもって、歌い続けて欲しい、と思うばかりでございます、
Vivianneさんがそう思い続ける限りは。
いや~、乙女でありながら、男前ですわ。

投稿: すら | 2006年11月27日 (月) 00時29分

いいねえ~!
こいつは熱い!よね。
オーオオーオーのとこが特にカッコええわな。

未来があろうがなかろうが
そんなことはどっちだっていい
進んで行ってやるぜ!

みたいな歌詞ですか…

なんか聴いてたら僕もまたシンセで遊びたくなってきましたよ。

投稿: iwakura | 2006年11月27日 (月) 02時55分

はじめまして。これから仕事ですが、やるきでましたよ~
Vivienneさん。

投稿: maki | 2006年11月27日 (月) 07時14分

完全版ありがとう!
あれ?題名が変わってる・・・
歌詞もちょこっと違うとこもある?
まだいろいろ流動的というかきっと進化してるのね。

歌声に魂がすごくこもってて惹きつけられます。
ライブで聴くときっともっとすごいんだろうね。
Vivienneさんの作る歌いろいろ聞きたいなって
素直に思いました。

投稿: さくら | 2006年11月27日 (月) 21時53分

遅れ馳せながら、拝聴。

聴いただけで頭に残るメロディと歌詞。
『歌』ってヤツは頭に残ってナンボだと思います。
オイラの頭の中で、ぐるぐると廻りっぱなし。

投稿: 至峰山人 | 2006年11月28日 (火) 18時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Vivienne歌唱、初公開。 | トップページ | 生涯でただ一人の夫を狩りに行く旅。 »