« ネットアイドル疑惑浮上? | トップページ | ゴーゴーセコンドヴァージにあ。 »

2006年8月 7日 (月)

甲子園さえも俺はスルーするのかな?

Dscf0867
昨日から夏の全国高校野球が始まってる。

毎年大好きでテレビにかじりついたり
日帰りでわざわざ見に行くほどのスポーツ行事。

なのに今年はTVすらつけない。

見る気を奮い起こすことすら出来ない。

オリンピックもワールドカップもスルーするなんて
今までなかったことだ。

スポーツに熱狂する人たちは
画面やフィールドの人たちに自分の日常生活で埋めきれない
何かを期待する。
だから負ければどやすし
勝てば最高にもてはやすんだと思う。

その時期を抜けて自分に埋没すれば
外のことに興味はなくなる

「何スポーツに踊らされてるの?」

と人はいう。

でもね、そこからも抜け出さなければならんと僕は思う。
ピッチもマウンドもフィールドも
アイススケートもリングもスイミングプールも

そして
ステージも

自分を生きる孤独と
時に周りの期待と自分の求めるものが食い違っても
進まなきゃいけない環境に人としての共感ができてこそ

アスリートの人生は虚構のスターの域を抜け
人としての共感が生まれる
そうしたら本当に彼らを心から応援できる気がする

敗戦に文句を言うのではなく
お疲れ様といえる気がする

深夜のドライブの車中で
修羅場を抜けたある人が
ハンドルをもってこういった

「私もここまでくるのに三年かかった」

後ろでは歌姫たちのおしゃべり

孤高であることと日常の社会生活から
切り離されることがセットと考えることは間違いだ。
孤高であることを生活環境から肯定してもらうなんて
甘すぎる。

メンヘルでも
サラリーマンでも
アーティストでも
ミュージシャンでも
演劇人でも
ライターでも構わないけど

自分というフィルターを通してコトバを探る人が好きだ。

逆をいえば、生活力があっても
うわさ話で終始する人は面白くない。

戻るまできっともう少し
もう少しじゃなくても希望は捨てない
その日はきっとやってくる

あきらめない。

だって今日はいい天気で
そのことに私は素直に反応できるんだから。

|

« ネットアイドル疑惑浮上? | トップページ | ゴーゴーセコンドヴァージにあ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ネットアイドル疑惑浮上? | トップページ | ゴーゴーセコンドヴァージにあ。 »