« Two weddings,One good-bye and Rainbow | トップページ | だーかーらぁー。 »

2006年8月23日 (水)

六力使いが考えるバンドセルアウトの条件。

先日の東雲夜会にて、
詩人時代抜きにしたら初めて人前で歌いました。
てか紙麿呂君の芸がまさに神級だったので
辞退しかけたんですけどね(笑)

そしたら思いのほか反応よくて
(てか自作の曲だと気づいてなかった人もいた)
電車がなくなったので朝まで家でお茶してったついでに
とあるミュージシャンさんが
いかに今のパワーコードでアコギってスタイルを進化させるか
ってアドバイスまでくれました。

そんな彼が帰りがけにひとこと。

「こんどうさんのあの打楽器的アプローチってさ...」

「はい」

「琵琶法師だよね」

「!!!!!!!?」

私の前世ネタご存知の方、私笑えなかったっすよ。
法一の耳がないの-はー
ぼくのしわざかもしれなーいー♪(ブルハ調)

ただね、自分の内側に響いて声を出しやすくする
音と弾き方だけを研究しただけだったんですがに。

さて、話はビッグランブルへ。
初日のサプライズゲストが氣志團って日記は上げましたよね。
実はかれらのGIGを観るのは二回目だったので
今回はちょっとね、どうせキッシーズの勢いに勝てないんで
オーラとかを一歩引いて見ることにしたんですよ、
せっかくなんで。

第一印象
「どんだけ気を練りまくってるんだよ?」

もうね、ステージに上がったとたんに空気が変わるんですが
そうやって自分たちの持ち込んだオーラを早速空間に対して
練りまくってるんですわ。

あのダンスで。

もう気づいたらステージ裏まで人だかり。
バンドの構成は自分から人に訴えかけるオーラを持つ人と
それを受けて自分なりに発散する人
(自己主張型と協調型)のバランスが50:50な感じ。
だからあんだけメンバーがいても
うまくまとまっているのかなって考えました。

で、ここからは翔さん中心に話を進めます。

彼のオーラは炎のように拡散する人で
簡単に言えば自分のボルテージが上がればあがるほど
エネルギーを発散する人です。
で、たぶん色は赤金。ラヴィングタンっていいますが、
簡単にいうと
全体把握能力に優れ、その論理的思考を人への愛情で
転化してアウトプットするって人です。

彼の長いMCをよく聞くとまさにどんぴしゃ。

まずランブル関係者のマンスリーイベントの常連であることを
アピール。そして呼んでもらったことに感謝。お客に感謝。
しかもDJブースのうらからこっそり見てた関係者を目ざとく
発見して名指しで感謝。(彼びびってました。)

で、ランブルの大半を占めるであろうロッカな客に配慮
「君たち駄目だよ?キシダンの歌いっぱい知ってるとか
 いっちゃったら白い目で見られちゃうからね。いい?
 ロビン見せないからね!!」
はっきりいって気の毒になるくらいの配慮ぶりです。

で、私はその間彼のサングラスの中の目を見てたんですが
たくさんのギャグの連発に対して目が笑ったのは一度だけです

多分会場の客をすみから隅までシビアに見てたはず。
グラサンつけてなかったらその口と顔の違和感に
びっくりでしょうな。

多分彼は自分の力を最大限に引き出す呪文みたいに
感謝の言葉を使ってもいるんじゃないかな。

たぶんライブハウスからはじめて
ファンへの愛に変えて
ついには地元木更津への愛を高じさせて万博まで。
そうやって自分の中の愛を極限まで高めて。

で、それを頭の中の思想で終わらせず
肉体的にもライブ中の水断ちって言う形で具現化。
(ロックの女神様への誓いなんだって)
そうやってさらに体感的に自分を追い込む。

ちなみに、自分のオーラにあった色の服着るのが
自分に一番似合うって聞いたことあります?
そうすることで、人の自分に対して感じ取る印象が
シンプルになり、より印象が強まるんですよ。

自分の魂の内側の色と反する色を着るって事は
日常生活では身を潜めることができて便利かもしれませんが
表現者にしては、わざわざ電球に覆いをしているようなもんで
逆効果。

翔やん思い浮かべてください

魂の内側のカラーの金色で頭髪を染め上げ
制服は赤です。完璧。

で、その空間把握能力はバンドのバランス調整にも発揮。
それがわかるのは光ちゃんの存在。
もともと光ちゃんはベーシストで、
現凄腕ベーシスト小熊ちゃん加入に当たって
彼がバンドを抜けるって選択肢もあったはずなのに
(てか普通はそうなる)翔さんは止めたらしいんですね。

「いいじゃん、俺もギターやめるから一緒に盛り上げようぜ」

これが六力視点から見ると大正解。
光ちゃんのオーラは多分紫です。
この紫っていうのがですね、バンドにいると
タロットとかUNOでワールド持っちゃったくらい最強のカード
な人なんです。意思と全体意識と肉体的バランスがパーフェクトで魔術師みたいな人。

ちなみに光ちゃんのコスチュームの青は人に愛情を向ける
優しさのカラーだもんですから
うまく翔やんとバランスとってます。

で、翔やんがダンスやめてステージを駆け回っても
後ろで光ちゃんが自分の強いオーラでそのボルテージ上がりまくった空間のエネルギーを練り続けるっていう
えらい事になってるんです。

......これで売れないはずがない。

ここまで自分を生かしきった人間が売れなかったら
御上は詐欺です。

でも、みんな表面の彼らの奇抜なカッコや振りに
目がいってしまってそれを真似しちゃうんだよな~。
違うのに。

彼らのコスは結果論です。
たぶん翔さんが自分を生かしきる手段として
自分がなじみやすくてフィットした表現形態を
突き詰めたら多分アレになったんです。

だってビリーズウイークエンダーの常連って事は
普通にもっとコアでマニアックな曲聞いてるはずですからね。

婦女子は許しますよ、もともとキレイなオスに群がる生理が
あるから。だけど男でキシダンコスプレして、写真とってもらって喜んでるのはマジ情けない。
自分から孔雀になることを放棄してますからね。
トラのイをかるなんとやらですよ。

まあ、そんなわけで
注視してみればですがバンドの力関係とか
そんなのもわかる身体になっちまいました(笑)。

セルアウトになる条件、
少なくともミリオンまでいかなくても
名前聞いたことある!くらいまでいく方法はシンプルです。

己を知る。

そんだけです。それを極限までやる。
でもだからこそ難しい。その言葉の意味を深めた度合いを
言葉では表現できないからです。

たとえるなら
シュミレベルで音楽やってる人が
西瓜でいうなら赤みだけ齧ってる程度だとしたら

翔やんは西瓜の皮を漬物にしてたべてさらに
種まで植えてやっとスイカ食べた気になるって感じです。

もしゲストで呼んでくれるなら
一緒にバンドいかすとかお芝居とかで表現極める方法を
内側から考えてアドバイスしてもいいですけど

少なくとも名前を並記すれば誰がイニシアティブをとれば
うまくいくかくらいなら見えるけど。

そんな頻繁に出歩けないこともあるから
なにも見えなくても自分を高める方法を書きますね。

まず、オーラを考えるなら
身近な人が自分にプレゼントしてくれるものの中で
一番多くて印象的な色を見ることです。

それから自分の部屋で一番多い色。
自分がみてて安定する色は自分に近いですからね。

あとは、
自分が心地よくて相手からもあってるといわれるものを
シビアに極限まで研究することです。
片方だけじゃ駄目です。

服でいうなら
店員や友達が似合うっていっても自分が違和感ある服や
自分がすきでも着ない服は買わない、そんな感じ。

何が売れるのかってトレンドの全体像を見るんじゃなくて
トレンドの中から自分にフィットするものを探し出す。

自分を見るとか演出するってコツがわからない人は
一年間くらい、試着して上記の条件を満たした服しか
買わないってのも手ですよ。

それをあとは音質やリフ、リズム
どんなことを思ったときに自分は一番力を発揮できる
気がするか?どんな規則性があるか。
画家なら素材、線、色とかを細かく把握していく。
そしてそれを自分が見せたい対象までさらに昇華する。

で、大事なのは自分の気持ちが変わったら
それに抵抗なくあわせる柔軟さをもつこと。
たとえそれが周りが求めている自分じゃなくても。

表現力は弱まるし、自分に亀裂が生じてつらくなるんで。

結局はこうかもしれません。
自分が好きになったら、その好きを極限まで極める。
そこから目をそむけず逃げなければセルアウトに
....少なくとも納得いく表現活動は出来るのでは
ないでしょうか?

っつってな☆

これ書きたかったんだよね~。満足満足。
仕事柄ね、あと飲み会に来てくれる人
表現者がおおいのね。
ひょっとしたらこっから先、私は彼らの力になるために
生きていくのかもしれません。






.....のぞむところよ。

|

« Two weddings,One good-bye and Rainbow | トップページ | だーかーらぁー。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Two weddings,One good-bye and Rainbow | トップページ | だーかーらぁー。 »