« 美虎センセの初出勤☆ | トップページ | ミトカルついに始動!? »

2006年6月18日 (日)

俺の親友。

Ira25  Ira26  Ira27

親友、と呼べる人がいますか?

今の私には確実にそう呼べる人が一人います。
幸せなことです。
そいつとの付き合いはもう9年に及びます。
今日がそいつの誕生日です。

彼女と会ったのは19歳になる年で
予備校のオリエンテーションでした。
ほとんど私から人に話しかけて友達になることが多いなかで
そいつは私に話しかけて友達になりました。

予備校の仲間がバイク事故で死んだときも
一緒に顔見に行きましたし
私が髪を一部青く染めた日もぴったり一緒にご飯買いに
いきましたし
病み上がりの講師を喜ばせようとセーラー服で登校して
笑いを取りにいったのにどん引きされた冷たい教室においても
あいつだけは一人で爆笑していました。

20歳で最初のオトコを失って気狂いになったとき
安定剤をオーバードースした私に泣いた人が二人だけいました
一人がこいつでした。

皆が逃げてしまい、孤立した大学生活のなかで
この子はいつも電話がつながりました。
つながんなくてもかけなおしてきました。

誰にでもできることじゃありません。

「何で逃げなかった?」と聞いた私に彼女は
「だってそうしたかったから。」とだけ答えます。
いつもくっきりとした笑顔で。

クラブの展示のクロージングパーティーで
DJブースで暴れる私をみて本気で泣いたのもこいつだけです。
あんたがはっちゃけてるのを見てうれしくなったと
メールをよこしてきました。

人といつもべったり一緒にいるのが苦手だという
私の特性を察して、そっと自分の世界を作ったのも
彼女だけです。

そんな彼女と霊媒になってしまった私は
最近うまく自分のことを話せなくなってきてました。
彼女のちょっとこわばった顔をみるのがしんどかったんです。

でも距離ができるのはつらいことでした

だから正直に話してみました。
今まではすべてでぶつかれたけど最近申し訳なくて
それができなくて辛いと。

彼女から程なくして返事がきました。

「多分、自分が理解しきれないゆえのちょっとした表情を、
 自分が見えるものを話したとたん周りの一部が去っていき
 少なからず傷ついたあなたにそういう風に解釈されることを
 危惧したら、顔が固くなった、正直それはあったでしょう。

(中略)私には今更何を戸惑えばいいのかわからない。

今のあなたが人を、もしくはあなた自身を苦しめるなら私は親友としてあなたに物申すでしょう。でもむしろ充実しているようだし、私はそれを見て満足してる。あなたがそう生きていることを理解しているつもりだから。それが私にとって一番重要なことであって、あなたの言うことを理解できるかとかついていけるかとか、そんなものはそれに比べたら小さなことです。

なので何だって話せばいいと思う。あなたの言うことを理解できなくなったって、充実してるか、嬉しかったか、悩んでいるか、それくらいは理解できる.......」

以下にきっともっとすごいことがかかれていそうでしたが
文字化けしていて中国語みたいになってました。

でも、いいんです。
気になるけどいいんです。
充分に泣けてしまったので。

ずっと考えてきました。
最近特にそうなんだけど
人がものすごい勢いでどっぷり愛してきて
そして激しく憎悪して去っていくんです。
私が人として友人として接しようとした瞬間に。

理由がわかりました。
人は自分のことを深く理解されたいと願います。
私は幸か不幸か、前世が見えるとかソウルラインから
その人の一番理解されたい部分に所見からHITしてしまう。

で、私はその人がその人らしくあることが一番だと
考えるから、そのまま受け入れてしまう。
むしろその特性を変えないまんまどうしたらうまくいくのか
というアプローチで接します。

頻繁に会わない間柄なら問題はないのです。
しかし、その人とのかかわりが緊密で近くなったとき
変な話、私が人間であることが問題になる。

人間である以上、私も不完全です。
だからニュートラルさを保つために
相手にお願いをすることがあります。

こうされるとちょっと辛いとか、弱音を吐くとか。

そうすると相手の私に対する理想が崩れて
裏切られた気分にしてしまう。

もしくは、相手も私がビジョンを見た代わりに何かを
したいと欲するのに彼らが望むような形で頼りかかったり
しないのでそこでフラストレーションがたまってしまう。

だいたいそういう欲求の裏には個々人の解消されない
トラウマが埋め合わせを求めているんです。
たとえば、男関係でトラウマを抱えてしまったひとが
それを解消するために新しい男から愛されることで
それをなくそうとするとか。

でも本当はその経験の意味を探って自分の糧にして
消化しなければ意味がないんです。
自分の傷を自分で克服するから人の痛みにはじめて
目を向けられる。

だから私はそういうときに彼らのパズルになるんじゃなくて
それはあなたのこういうトラウマだといってはねつけてしまう

たぶん、ほかの人は表面的な欲求と親密になったときの
接し方にここまでギャップがないんです。
だから私に憎悪してしまう......。

私はその人が、その人らしく楽しそうにしてくれていれば
充分に幸せなのに。

でも、あいつにはそれがない。
あいつは私に怒った事がありません。

あいつが怒るのは決まってこうでした
「あやを誤解して傷つけるやつを私は許さんよ....」
いつも静かにそういうんです。

あいつにとっての私は美虎でもキックでもなくて
彩なんです。たぶん、一生。
あいつが私に求めてきたことは何もありません。
私が生きていること以外で。

海外とか日本とか男とか前世とか
そうやってあっちこっち飛び回ってたまに迷子になっても
あいつが呼んでくれます。

気楽に飛びまわってフラット立ち寄るいい加減な私に
あいつはいつでもニコニコして
「おかえり」としかいいません。

私が鳥だとしたらあいつは私の飼い主かもしれません。
いや、あいつがさくらで私が寅さんなのかも。

確かなのは一つだけです。




私はあいつにはかなわないということ。




人が絶対的にかなわないと感じるのは
力でねじ伏せられることではありません。
そういうやつにはいつまでも復讐心で勝とうとして
一生の努力をしてしまいます。

ほんとうにかなわない相手というのは
至らないのも汚い部分もすべてを含めて
許されてしまうことです。

そして今の私はそういう人としか深くかかわることが
できない......。

今だからはじめて書ける話なんだけど、
19歳のとき、私は精神的に我慢してきたいろんなことに
ほころびができてリストカットが始まってました。
そんな時正直彼女に嫉妬してました。
私と同じ苦悩はこの子にはきっと起きない気がしていたから。

覚醒して間もないころ、
彼女の名前を見て理由がわかりました。
普通、ソウルラインは何らかの意思を体現するんです。
海みたく人を包みたいとか
森みたく人を癒したいとか

でもあいつは違いました。
袋に子供じゃなくておもちゃとかお菓子とかいれて
草食って飛び跳ねてるカンガルーが見えました。
正直、頭を抱えました。
意味がさっぱりわからない。

でも陰陽師思い出してわかりました。
......ヒロマサなんです。
すでに生まれながらにして御上に愛されている。
足元の草に落とし穴あればそっと御上がふたをして
毒蛇がいれば御上がそっと駆逐する。
あえて意味を解くなら
何も不安に思わず思うがままに生きることで
人を癒すとか場所を慣らすとかそんな感じでした。

自分が充分に洗濯された後でこのビジョンを見られたことに
満足しています。
彼女にマイナスな感情を向けるのは耐えられないことです。

御上に愛されるがゆえに苦難から守られるあいつと
御上に愛されたがゆえに闘い続ける人生を選んだ私は
9年前のある日、
代々木のとある教室で宿命的に出会いました。

御上の愛が何かのタイミングで
あいつを守りきれない時は、私が守りにいきます。
どこにいても何をしてても
たとえ締め切りに追われても。

これが9年前から立てている私の誓いです。
これがずっとあいつに守られてきた私のできる
唯一のことだから。

ありがとう、あなたが許す愛情のすべてが
今日も私を生かしています。

誰にも負けない最強の28歳の日々をすごしてください。

ありがとう。




最後にもう一度、

親友は、いますか?




私にはいます。そしてそれはとても幸せなことです。

これからもよろしく。

|

« 美虎センセの初出勤☆ | トップページ | ミトカルついに始動!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 美虎センセの初出勤☆ | トップページ | ミトカルついに始動!? »