« バンドの存続とチチたる問題。 | トップページ | いつも自分がいなくなった後の世界を考えている。 »

2006年6月24日 (土)

来週早々に自分に起きる奇跡の話。

Ira32   Ira38   Ira39

昨晩、懇意にしてる骨董商の女性と話をした。

メールにて飛び上がらんほどの提案を受けたからだ。

浮世絵一点、
無期限無利息無利子で永久貸し出し....

それは私が彼女と出会いたての5年前にすでに目にしてた
三枚続きの版画で手にしたくてもできないものだった。

当然一度はお伺いを立てる
「こげなものいただいてもよかとですか?」

いいのよ、
あなたは私が一番最悪なときに助けてくれたんだから

って言ってくれるが実感はない。

でも、誰かの必要に無意識に自分がこたえてた
幸運は素直に受け取ろうと思う。

ありがとうございます。

その浮世絵一点、お題目




「壇ノ浦における義経と建礼門院」





.......平家ゆかりの何がしかが
またもやウチにやってくる。

|

« バンドの存続とチチたる問題。 | トップページ | いつも自分がいなくなった後の世界を考えている。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バンドの存続とチチたる問題。 | トップページ | いつも自分がいなくなった後の世界を考えている。 »