« 世界の終わりの壇ノ浦(福岡の旅で知ったこと) | トップページ | アンジェラ・ブギー »

2006年5月24日 (水)

美虎ちゃんと時子さんの深読みフィーバー!

昨日の日記から早速コメントやらメッセージで「実はウチは平家の末裔です」

というようなお知らせを何通かいただきました。

しかも初対面から打ち解けた方々を中心に。

そういえば大学の体育の授業で一緒だった女の子で

「あやには一目見てからどうしても話しかけずにおれなかった」

って言った子の苗字も平さんでした

今日は私の人生と時子さんの人生の深読みをしまする。

私の母、眞砂子ちゃんは大学時代教育学部の国文学に没頭し

特にお気に入りは平家物語でして、小さいころから

平安時代は物足りないわ、やはり平家よと小さいころから私に言い聞かせてました。

彼女が専業主婦になる前、唯一勤めたS銀行は平将門さまの首塚が面していました。

ちなみにこの首塚、私が23歳の誕生日に参加した東京魔界ツアーの最初の探検スポットだったんです。

なのに、いきなりバスの運転手さんが将門さまの首塚をすっ飛ばすという

異例な事態に陥りました。引き返すことにしたものの、ありえない大渋滞が襲い

皇居一周になんと一時間

考えてみれば私は将門さまのおそばに約一時間半くらい異例の滞在をさせられてました。

しかも先日のホロスコープ見てくださった方と会ったのもこのツアーで、

出会いにも恵まれてたし。

家族で出かけた大きな旅行のうちの一つが平泉。

義経の伝説がある場所だけど、源氏の中でも義経の母さんの常盤御前は平清盛の愛人ですね。

それから、毎年帰省してた父の田舎は徳島なんですが

平家の落人伝説のある祖谷(いや)渓谷に行った翌年から

不思議と母は帰省に同行しなくなりました。

ちなみに私が卒業したムサビには課外施設がございまして

その中でも在学四年間のうち、二年も自発的に通ったのが平家の里の五箇山

すごく大事にしてくれたり、結びつく知り合いは山口県出身者が多かったり。

(山口でしたね、壇ノ浦があるところは)

それから、十代のときかなあ?

私は実家にいたころこんな夢をみてます。

懐にでかい木札を突っ込む夢。そこはやっぱり船で目の前は海でした。

おとといネットで調べたら時子ちゃんは三種の神器のうち神璽と宝剣を身に着けて

入水するんですが

その神璽ってやつは木札のでかいやつでした。

時子さんは北条政子と違ってですね、

政子さんが関東の豪族に対して私の力を誇示した感じなのに対して

あくまで平家一門の精神的支柱だったみたい。

なんつーか、自分の仲間を守るって意識なんだけど

そういやあ私は現実に、自分の展示や作品を通して知り合った人たちを

まとめて結びなおすアカツキ会なる会の代表幹事をやってたりします。

最後にオイラの言った言葉が知りたくて調べてたらこんなこと言ってやんの

「私は女だけどな、敵の手にかかって死んだりしねーよ!!」(意訳済み)

うんわあ......

言ってそう.......

すっげえ言ってそう!!orz....

残念ながら人の前世を見る限り、貧乏人とか貴族とかのシチュエーションに違いはあれど

基本性格は変わんないみたいなんですね。

最近私は

「ん!どうして周りの男は私に『ついてきます!』としか言わないわけ!?まったくもう!!」

って怒ってたわけだけどね........

仕方ないよ、

だって

平時子だったんだから。

もうむしろ駄目だししちゃいけないだろ?的展開です。

ちなみに好きな男に愛人がいようが何だろーがお構いなしなのは

清盛にも愛人がいたんですよね。

にしても早速正室になる気満々なのがイタイ女ぶりとして如何なく現世に悪影響を発揮してます。

ちなみに苦手な子供の目線は座り姿勢でじっとこっちを見上げるやつです。

わかっちゃいるけど冷や汗が出ます、いまだにね。

てことは、時子ちゃんも何らかの六力(スピリチュアル能力)を持っていたんじゃないかという仮説がたちますが

考えてみようよ

屋島の戦いで扇に的を射らせて勝敗を占うなんておかしいでしょ?普通

大河ドラマの義経では時子は松坂慶子さんだったんだっけ?

私、唯一見てるんだよね、実家で母とこの的のシーンだけ。

それから平家の都落ちの決断は時子がやったらしいのですが

その敗走ルートはある意味霊的スポットをまわるお役目ともいえなくもないです。

ああ......怖え.....自分のことながら怖ええ......。

で、源氏に復讐するぞって霊魂は当然成仏しているわけがないので

成仏した平家の霊は生まれ変わって何をしたいか考えてみましょう。

彼らは大事な戦の前日でも陣から笛の音を途絶えさせなかったようです。

だとしたら

思いっきり芸術とか音楽やりたいよね?って

そう思っても不思議じゃない。

この前のホロスコープによると、今世の私は前世で縁がある人にたくさんあってるはずだとか。

だとするとそこのあなた

時子な私に会ってたりしてね♪

なんちゃって☆彡

ウフン。

|

« 世界の終わりの壇ノ浦(福岡の旅で知ったこと) | トップページ | アンジェラ・ブギー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世界の終わりの壇ノ浦(福岡の旅で知ったこと) | トップページ | アンジェラ・ブギー »